神社仏閣

【漁師さん必見!航海安全、漁業繁栄】海神社

神社仏閣

【住所】 兵庫県神戸市垂水区宮本町5−1

【御祭神】上津綿津見神(うわつわたつみのかみ)、中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)、底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)

【御神徳】航海安全・漁業繁栄・交通安全・安産・開運厄徐

【札所等】神仏霊場巡拝の道 73番(兵庫8番)

【HP】海神社

【周辺情報】神社内に有料駐車場あり

海神社について

JR垂水駅のすぐ近くにある海神社(かいじんじゃ・わたつみじんじゃ)は、播磨三大社のひとつで由緒ある神社です。

そのいわれは、千数百年にさかのぼります。

神功皇后が三韓征伐を終えてお還りになるとき、暴風雨に会われ船が進みませんでした。

皇后は、自ら海の神である綿津見三神をお祀りしたところ、嵐は治まり、都に帰ることができました。

皇后がお祭りになったところに神社をたてたのが、海神社と言われています。

大鳥居

垂水港にある大鳥居です。前回、釣りに来た時にも気になっていましたので、海神社の鳥居と分かり、ひとつ勉強になりました。

阿形
吽形
手水舎
拝殿
本殿

拝殿の横にまわると本殿が見えてきます。

摂社・末社

●天神社:菅原道真公

●猿田彦大神・恵比寿大神・稲荷大神

周辺情報(寶ノ海神社、海の幸供養塔)

こちらは海神社とは関係ありませんが、大鳥居の横にある寶ノ海(たからのうみ)神社です。ご祭神は金毘羅大権現、大黒天大神、恵美須大神です。

垂水の海の安全と豊漁を祈って、漁業協同組合によって建立されたそうです。

海の幸供養塔

こちらは寶ノ海神社と大鳥居の間にある海の幸供養塔です。

山田岸松氏之像

故山田岸松氏(明治42年(1909)~平成2年(1990))は神戸市西部漁業協同組合の初代組合長で垂水漁港の整備、海苔の養殖を事業化など県の水産業発展に尽力された方だそうです。

最後に

JRから徒歩1分の海神社。8月の海の幸みたま祭、10月の神幸祭(海上安全渡御祭)は多くの漁業関係者が訪れ、とても盛り上がるそうです。

近くにはアウトレットモールもあるので、神社に参拝したついでにショッピングもできますし、海を眺めることもできます。

神戸市垂水区にある海神社、おススメですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました