神社仏閣

【日本最初の神社!】伊弉諾神宮

神社仏閣

【住所】 兵庫県淡路市多賀740

【御祭神】主祭神:伊弉諾尊(イザナギのミコト)、伊弉冉尊(イザナミのミコト)

【御神徳】心願成就・厄除開運・縁結び・子授け・安産・夫婦円満・病気平癒

【HP】伊弉諾神宮

【周辺情報】専用の駐車場有り

伊弉諾神宮について

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)は淡路島にある神社で、淡路国一宮です。通称「一宮(いっく)さん」「伊弉諾さん」だそうです。

古事記・日本書紀の冒頭にその創祀を記し、神代の昔に伊弉諾大神 が、御子神の天照皇大御神に統合の権限を委ね、淡路の多賀の地に「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過された神宅の旧跡と伝えられてゐます。ここで終焉を迎へた伊弉諾大神は、その宮居の敷地に神陵を築いて祭られました。これを創祀の起源とする最古の神社が伊弉諾神宮です。

出典:伊弉諾神宮 伊弉諾神宮とは

最古の神社…日本の島を作った御祭神…このフレーズだけでお御利益がありそうですね。で、実際に頂ける御利益もたくさん。

  • 御祭神:心願成就・厄除け開運・縁結び・子授け
  • 夫婦大楠という御神木:縁結び・子授け・安産・夫婦円満
  • 放生の神池:病気平癒
大鳥居
さざれ石の碑

参道の途中には「さざれ石の碑」が設置されています。

陽の道しるべ

表参道をぬけてすぐ左手に見えてくるのが「陽の道しるべ」というモニュメント。

示されているのは、伊弉諾神宮を中心とし、春分・秋分の日には伊勢皇大神宮(内宮)の方角から日が昇り、対馬の海神(わたつみ)神社の方角へ日が沈むのです。そして、夏至には信濃の諏訪大社から出雲大社へ、冬至には熊野那智大社から高千穂神社に、という位置関係。

偶然なのか、必然なのか。おもしろいですよね。

そして、「陽の道しるべ」の脇にあるのが「放生の神池(ほうじょうのしんち)」です。こちらは今でも病気平癒のための命乞に「鯉」を放ち、快癒の感謝に「亀」を放つ信仰習慣があるそうです。

放生の神池
正門
拝殿
本殿

摂社・末社

正門をくぐると本殿と拝殿が。伊弉諾命・伊弉冉命がお祀りされています。

そして、向かって右手に見えるのが「夫婦大楠(めおとのおおくす)」です。

樹齢900年を越すといわれ、兵庫県の天然記念物に指定されています。

もともと、2株だったものが合体して1株に育った奇樹とのことです。また、こちらの御神木には伊弉諾尊と伊弉冉尊の二神が宿っていると信じられています。

夫婦大楠
左右神社
鹿島神社・住吉神社
竈神社・根神社
伊勢皇大神宮遥拝所

拝殿を右側に回っていくと、摂社が並んでいます。

 ● 左右(さう)神社

「左右神社」は、『伊弉諾尊』の左目と右目からそれぞれ生まれた、『天照大神(あまてらすおおかみ)』と『月読尊(つくよみのみこと)』がお祀りされています。

目の病気を治してくれるという言い伝えがあるそうです。

 ● 住吉神社・鹿島神社

ご祭神は左手に『武甕槌神(たけみかづちのかみ)』と『経津主神(ふつぬしのかみ)』、右手に『住吉三神』がお祀りされています。

ご利益は農業守護、武運長久です。

 ● 竈神社・根神社

ご祭神は左手に『伊弉諾尊』と『伊弉冉尊』の子である『素戔嗚尊(すさのおのみこと)』、右手に『奥津彦命(おきつひこのかみ)・奥津姫命(おきつひめのみこと)』がお祀りされています。

ご利益は酒造や醸造の守護神、災難除け、火防の神です。

 ● 伊勢皇大神宮遥拝所

ここの真東に伊勢の皇大神宮皇大神宮が鎮まっています。

御朱印・御朱印帳

最後に

日本という国を作った伊弉諾尊と伊弉冉尊が祀られている伊弉諾神宮。長くなるのですべては書ききれなかったのですが、たくさんの見どころがある神社ににっています。

淡路島に訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました