11月 カサゴ(鮋) サバ(鯖) スズキ(鱸) 和田坊 釣り

初の神戸 和田坊へ!!

11月

こんばんは。昨日、初の神戸第一防波堤(通称:和田坊)へ釣りに行ってきました!!

初めての釣り場はいつもテンションが上がりますね。何が釣れるのか?大物は釣れるのか?ドキドキして夜も眠れません。

スケジュールとしては以下の通りです。

25時自宅出発→26時に船着き場到着→26時30分出船→27時釣り場到着

今回は和田坊に船を出している渡船屋の中でも「谷一渡船」さんを利用させて頂きました。降り場は、①和田坊新波止②和田坊白灯台③和田坊中腹④和田坊赤灯台となっております。

最初は足場の良い新波止を希望していたのですが、みんなで並べるか微妙だったため赤灯台を目指します。しかし、赤灯台もすでに徹夜組が既に陣取っていたため和田坊中腹にて下船です。

乗船するまでは、病み上がりの身体に加えテトラでの釣りに若干の不安を抱えていましたが、釣り座に到着すると初めての場所での釣りが出来るという嬉しい気持ちが完全に上回っていました笑

そして全員が並んでできる釣り座を確保し早速準備を始めます。まずは電気ウキを使っての餌釣りです。最近の釣果情報を見ていると大サバ(40cm前後)が上がっていたため、太刀魚を狙いつつあわよくば大サバも。。。と、期待に胸を膨らませてキャスト!すると横のパパ友に早速あたりが。電気ウキが一気に沈み横に走ってます。これは大サバ?!すんでのところでバラシてしまったため魚種は確認できませんでしたが、幸先の良い反応に期待値がぐんぐん高まります。今日は締めサバか~なんて考えながら投げ続けます。

・・・ところが、いくら投げ続けても当たりすらない状態。

最初のあたりは夢だったのか、なんて思っていたころにやっとウキが沈みました。あまり引かないですが、あたりはあたり。慎重に引き上げたところ、26cmの中サバ。まあ、何も釣れないよりはとりあえず魚が見れて何より。でもその後は続きません。朝マヅメまで時間もあるので、1gのジグヘッドに虫(アオイソメ)をつけて何か釣れないかとさぐると、ガシラ(カサゴ)ゲット!なんとかお土産を確保し、夜明けを待ちます。

そして、ついに夜明けです。本日一番の期待を胸に神戸沖堤防で当たりまくった「ビッグバッカー 超サゴシスパーク」を一心不乱に投げます。1時間近く投げ続けましたが、慣れない&不安定なテトラの上、さらに病み上がりということで体力の限界に。。。なんて思っていたら、ガツンと当たりが!!!

周りでも釣れてないので自分が最初の一匹目をゲットかーなんて考えながらも慎重に魚を寄せていきます。

さあ、何が釣れたのかな?ハマチ?サゴシ?!

結果、50cmくらいありそうなでかいエソでした。残念。。。

でも魚はいるということで、折れそうな気持を奮い立たせて投げ続けます。

しかし、ついにその時がきました。横のアングラーとおまつり。更にまつった糸をほどいている間にルアーが根がかりしてしまい、痛恨のルアーロスト。

はい、気持ちが折れました。

ということで、ここからはノマセ釣りに移行です。来るときに買ってきたアジを背掛け、ウキ仕掛け、タナは3ヒロで内海側に投げます。あとは魚がかかるのを待つのみ。

30分ほどすると、来ました!!ウキが勢いよく沈み込みます。普段はエレベータ仕掛けメインですので、実際にウキが沈みこむのを見るのは、You Tube以外なら初めてです。

「焦らずに焦らずに」と自分に言い聞かせながらしっかりと食うのを待ちます。ドラグもバンバン出ていきます。(You Tube通りです笑)

「合わせたい!」という気持ちを我慢するのも限界に達した中、思いっきり合わせます!

が、掛からず。。。合わせが早すぎました。残念ながら千載一遇のチャンスを逃してしまいました。(自分が我慢出来ないタイプの人間ということがよくわかりました)

そこから先は自分のノマセ仕掛けにはあたりが無く、釣り終了。

幸いにも一緒に行ったパパ友がノマセでスズキを釣り上げてくれたので、釣り自体は盛り上がりましたし、和田坊にも嫌な思い出を持たずに済みました笑

次こそは自分も大物を釣りたいな~と思いながら船に揺られて帰路につきました。

退院後、初の釣りでしたが思っていた以上に体力がなくなっていたのか、帰って夜ご飯を食べたあと、気づくと朝まで眠り続け、朝起きると全身筋肉痛になっていました笑

これからはリハビリとストレッチで訛った身体のケアをしていこうと思います。

▼本日の内容▼

(釣行日)2020年11月22日

(時間)27時~11時30分

(場所)和田坊 本堤

(釣果)サバ、ガシラ

(利用渡船屋)谷一渡船さん( http://tosen.html.xdomain.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました