他疾患編

【大腸炎】入院day29

他疾患編

おはようございます。入院29日目です。

本日は採血、大腸カメラで生物学的製剤の効果を検証する日です。そんな中、昨晩夜中のトイレにて結構強めに下血ありでした。今日検査なのに幸先が悪すぎる。。。

まあ、あまり気を落とさずに「いつも通り」を心がけて検査に臨んできます。

さて、今回の入院ですが私は消化管内科の病棟にいます。以前、入院していた患者さんの違いを外科病棟と少し比べましたが、せっかくなんで病棟全体の雰囲気も少し比べてみたいと思います。

朝夜の起床・就寝時間がバラバラ

外科は決まった時間に必ず部屋の電気が消灯ないしは点灯するんですが、今回の病棟は看護師さんによって全然違います。普通に1時間ぐらい前後するのはザラです。外科は6時に必ず灯がつく、22時には必ず消灯だったので動きやすかったですが、内科では日によって変わるので、結構周りの人に気を使う。

マスクに対してルーズ

外科の時は看護師さんと自分のベッドスペースで話をする時も必ずマスクを着用するように強く言われましたが、こちらではマスクに対して何も言われません。完全に個人任せ。感染症で発熱してる患者が普通にマスクなしで廊下歩いてます。そのくせ、シャワー室は感染患者は感染対策で他者とわける。これに関しては意味がわかりませんね。プレドニンで免疫下がってるから感染に気をつけて!て、言うわりにはルーズなのかな?と個人的には疑問を感じてしまいます。

面会に厳しい?!

ここは外科病棟とあまり変わりません。どちらも病院ルールで決まっているので。基本的には面会不可で荷物の受け渡しだけ。のはずなのに、ちょこちょことデイルームで面会している人もいる。我が家はどうしても直接書類の確認、受渡をしたくて短時間での面会を依頼したのに拒否されました。どうやら、勝手にデイルームで出会ったテイなら良い。みたいな謎ルールがある様子。

看護師さんが優しい

最後にですが、看護師さんが優しいです。外科が優しくないという訳ではないです。ただ、外科はダメなことはダメとキッチリ線引きがされてますので、人によっては厳しく聞こえるかもと言うことです。こちらのスタッフさんはその点、あまりなにも言ってこない印象ですね。いい意味で我儘言ったものがち的な。

と、まあ私が感じている内科、外科病棟の違いはこんな感じです。どちらが良いか悪いかはなんともわからないですし、患者さんの状況も違うのでどちらが正しのかはわかりません。ただ、こんな時勢なのでマスクはちゃんと指導して欲しいと思う今日この頃です。

今日のトピックスは同室⑤メガネおじさんが退院して行きました。メガネおじさんといえば、昨晩、イヤフォンが外れてオルゴール版のジブリ音楽を聴いていることが発覚したお茶目な人だっただけに残念です。

そして同室②に新たな住人が。かなりのお爺ちゃんキャラです。耳が不自由なのか声でかい+独り言多い。あれ?これはまさか…「ノムさん2号」に認定します!!ベッドが横だけにボヤキ対策でイヤフォンが必須になりそうです。。。

さてさて、そんなことを言ってるとカメラの準備が始まりました。今回も簡易なカメラなので浣腸だけです。あとは呼ばれるのを待つだけ。ドキドキですね。

カメラ終わりました。

詳細な結果はまた後ほどと。いうことでしたが、速報ではあまり良くなっていない。ということ。

んーショック。。。ショックなので今日は早く寝ます。おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました