入院・RFA編

【肝細胞がん】RFA入院day2

入院・RFA編

こんにちは。本日、入院2日目です。

本日は今回の入院のメインであるRFA+TAIの治療日となっております。

9時から開始でおよそ2時間の治療になる予定。その後は6時間、仰向けを維持。翌日までは歩行禁止となかなかハードな1日になりそうですね。

一応、前日は夜更かしして寝不足状態に。なんとか一日中、寝て過ごせればとささやかではありますが対策をしてます。

1番の心配はトイレ問題。腸炎の影響で1日に何度も何度もトイレに駆け込んでいるので、そちらが目下の悩みです。一応、オムツ、ポータプルトイレはあるそうですが、個室ではないので避けたいところです。

いつも通り、朝6時に起床。今日は朝ごはんは無しです。

着替えたりトイレしたり、準備をしているとあっという間に8時30分に。

看護師さんに付き添ってもらい、内視鏡センターに向かいます。術着が薄いので移動中にもお腹冷えそう。。。

センターに到着し、本日お世話になる先生方にご挨拶。看護師さんの指示に従いベッドに横になります。

緊張してる私の気持ちを察してか、スタッフの方みなさんが、色々と話しかけてくれます。「昨日サッカー観てたよね?どうだった??」とか、なんだかんだで私も緊張してるので、ほんと助かりますね。ありがたや!

雑談しながらも仕事はきっちり。あっという間に準備が整い、早速TAIがスタート。

TAIは前回も経験したので、なんとなく流れや痛みのポイントを覚えていたので比較的余裕です。

前回は数が多かったので3時間くらいかかりましたが、今回は1時間くらい?だったような気がします。

TAIが無事に終わったのでお次はRFAです。

RFAは今回が初めてなので緊張しますね。ネットで調べると熱を加える時に痛みが出るとか出ないとか。。。

同じ部屋でベッドを少しだけ移動して、処置の開始です。ドキドキしながら睡眠導入剤を吸引します。うつらうつらと眠くなってきたところで局所麻酔。チクット痛みが走りますが、すぐに何も感じなくなります。

そして、いよいよRFAの針を挿入。1mmくらいの針+麻酔で痛みは感じません。そして気付けば瞼が重たくなって夢虚ろに。

途中、左肩が痛かった気がしますが記憶も定かではなく、気付けば終わっていました。

途中寝ていたので時間感覚はなかったですが、病室に帰る時に看護師さんからちょうど2時間くらいでしたよ。とのことで問題なく終わった報告に胸を撫で下ろします。ここからは6時間の仰向けタイムに。

前日の対策の甲斐があってか5時間半、寝て過ごすことができ、なんとか苦痛を感じずに過ごすことができました。

その後はベッドから降りることは出来ないものの、座るまではオッケーなので比較的ゆっくりと過ごすことができる。と、思っていましたが、やはり腹痛に襲われ、一晩中苦しむという結末に。

最後まで我慢しましたが、早く腸炎が治らないかなーと切に願うばかりでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました