検査・確定診断編

(振返り)健康診断から確定診断までの検査いっぱい

検査・確定診断編

こんにちは。またまた振返りの投稿です。

今回は健康診断のエコー検査で異常が見られたため基幹病院へ紹介されどのような検査を受けたか、まとめてみたいと思います。それぞれの検査を一つの記事に分けて書こうかとも思ったんですが、流れもわかりやすくするために一つにまとめておきます。

9月4日:消化器内科受診→紹介状と画像を見てもらい、これからの検査について日程調整を進める。ついでに血液検査実施。

9月9日:エコー検査実施(超音波で肝臓の画像をみてもらいます)

9月14日:造影CT検査実施(造影剤の抜けをCTで見ることで、腫瘍か確認します。腫瘍だと造影剤の抜けが早いそうです)

9月18日:消化器内科受診→血液、エコー、CT検査の結果確認のうえ再度、画像検査実施へ。

10月1日:造影MRI検査実施(EOB・プリモビストという造影剤を使用したMRIです。肝細胞特異性を示す造影剤。)

10月2日:消化器外科受診→肝細胞がんの確定診断。腫瘍の大きさや場所から手術適応との説明を受ける。これからは手術に向けた、検査を行っていくとのこと。まずは、心電図検査とX線検査を当日に受ける。

消化器内科受診→今後は手術にむけた外来のため、消化器内科受診は本日で終了とのこと。お礼して診察終了。

10月5日:大腸内視鏡検査実施(朝から下剤で腸の中を空っぽに。挿入タイミングだけつらいですが、その後は比較的ましでした。この検査で虫垂の入り口に腫瘤が見つかる。おそらく良性だと思うが一応病理検査を実施することに。)

10月7日:アシアロシンチグラム検査実施(体内に放射性医薬品を投与して行う核医学検査のこと。肝障害の程度を検査。)

10月9日:胃・十二指腸ファイバースコピー(通称、胃カメラ。口から入れてもらいましたが、子供の用によだれ垂らして大泣きしてました。今回の検査の中で個人的に1番つらかったかもしれないです。)

歯科口腔外科受診→手術前には必ず受診しなければならないそうです。全身麻酔の時に歯が折れたりするリスクや感染するリスクがあるため事前検査を行うそうです。私は特に問題なしとのこと。ただ、自分では全く知らなかったですが、かなり「歯ぎしり」をしているみたいです。口の中を見ただけでそんなことがわかるなんてすごいですよね。

10月13日:ICG検査実施(インドシアニングリーン検査。簡単に言うと、緑色の色素のICGを静脈注射します。ICGは肝臓に取り込まれ、胆汁中に排出されます。15分後にどれだけICGが排出されたかを調べることで肝臓の解毒能がわかるものです。)

10月14日:PET-CT検査実施(転移がないか確認するためのもの。幸いにも転移なしでした。)

10月15日:造影CT検査(胆嚢・胆管造影。造影剤投与の点滴をミスったのか、めちゃくちゃ痛かったです。後で見たら、青タン?!みないなのが出来てました笑)

10月16日:消化器外科外来受診→すべての検査終了で、今後の手術について説明を受けました。私の場合は腹腔鏡下手術にて肝細胞がんを摘出することとなりました。場所とサイズが微妙なのでもしかすると途中で開腹に移行するかもとのことです。また、大腸カメラで見つかった腫瘤に関しても説明を受けました。こちらは良性ではあるが腫瘤から粘液が出ており、その粘液が虫垂にたまっているとのことでした。放置していたら破裂する恐れがあるため、こちらも摘出したほうがよいとのこと。同時にできないか検討することのこでした。

そして、先生から「来週にでも手術を予定しているけど大丈夫?」とのお言葉が。。。

ここまで、先生に予定を立ててもらっていて、また、今まで言えずに非常に申し訳ないのですが、家から高速で1時間かかる病院のため手術入院となると家から近い病院で手術したいと申し出ました。

その時の先生の顔は忘れられません。

「理由はわからんでもないけど、何故このタイミングで?!前から分かってたんちゃう?」

もちろん、こんなことは言ってませんでしたが、そんな顔でした。。。本当に申し訳ないです。

ただ、転院希望先が先生と同じ大学の先生ということで、すぐに転院準備を進めてくださいました。後から転院先の先生から聞いたんですが、この外来が終わった後すぐに電話をかけてくれていたようです。。。本当にありがとうございます。

外来も終わり、受付さんに、転院先の外来日を決めて後日連絡しますと言われてましたが、当日に早速お電話いただきました。それまでに紹介状と画像のコピーを取りに来てほしいとのことで、長かった検査・外来も終了となりました。

約1か月半にわたり隅々まで検査してもらったうえ、転院のわがまままで聞いてもらい、感謝の気持ちでいっぱいです。次は転院先での外来から入院までを書いてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました