治験編

【肝細胞がん】治験サイクル2

治験編

おはようございます。本日は治験参加のため病院に来てます。2021年最初の通院です。今年は何回お世話になるのでしょうか。虫垂の腫瘤摘出手術は決まってるので、それなりに通院回数は増えそうです。まあ、頑張ってやっていきたいと思います!

さて、本日の流れですが、下記の通りです。

  • 9:00〜 治験コーディネーターとの面談
  • 9:30〜 採血(8管)
  • 10:45〜 外来(肝胆膵外科)
  • 13:30〜 治験薬投与

まずは治験コーディネーターの方と面談からスタートです。体温測定、血圧測定など実施、治験の冊子が改訂されたとのことで、再度、署名。あと、追加の治験紹介も。こちらは採血した残血を遺伝子分析?とかどうとか…よくわかりませんが、今後の医療の為に役立てるとのことなのであわせてサインしておきました笑

その後、移動して採血です。今日も採血室前は混雑してますね。血を抜いてもらい採血結果が出るまで、いつものタリーズで時間潰しです。ちなみに今日の採血は上手な方に当たったので全く痛くなかったです笑

タリーズでマターリしていると外科外来から呼び出しの電話が。準備できたので来てくださいとのこと。予定より早めの外来受診です。

先生に新年のご挨拶をして、採血結果の説明を受けます。γ-GTPとCRPがやや高いくらいですが気にする必要はないとのことでした。

こちらも特に気になることが無かったため、あっさりと外来終了です。

外来待合にて看護師さんから次回の受診について説明を受け、外来化学療法室へ移動します。

到着すると…

ここもめちゃくちゃ混んでます。正月明けだから仕方ないとのことですが、また待ちです。コーヒーもさっき飲んだので、お腹もタプタプ。待合でゆっくり待つことにします。

待合で待機していると、後から来た爺さんが、「待ち時間が長いわー!」と、看護師さんを困らせてます。看護師さんも丁寧に説明&謝罪してるのに爺さんの機嫌、治まる様子なし。困った看護師さんが師長さんから説明させて戴きます。と伝えると、「そんなんは別にええんやけどなー。」。。。

ええんやったら最初から言うなよ!と、若干イラッとしましたが、誰だって待つのは嫌ですもんね。仕方ないとしましょう。なんやかんやで、私もその後、結構待つことに。。。

で、2時間半ほど待った後に、やっと投薬です。リクライニングチェアーでゆったりとしながらの投薬なので楽ちんです。

看護師さんも親切で逐一、気持ち悪くないか?針の刺したところは痛くないか?確認してくれます。特に問題なく終了しました。

これにて本日のスケジュールは完遂!!

特に副作用的なものは無かったですが、待ち時間に疲れました。

今日は通院後に営業に回る予定でしたが、あきらめて在宅勤務に切り替えることにします。

本日も一日お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました